脳活性頭鍼治療は、頭皮にある特定のポイントを鍼で刺激、血流・神経を刺激することで脳内を活性化させる鍼治療法です。

脳・神経系疾患に速効性!

脳活性頭鍼治療で行うYNSA®の鍼施術は、脳梗塞、脳出血後遺症・パーキンソン病などの様々な症状に対して鍼でアプローチができ日常生活の質の向上に高い効果があるという特長があります。YNSA®の鍼施術は、認知機能の低下や物忘れ、パーキンソニズム、強いストレス、脳内疲労、慢性疼痛、不眠、自律神経失調症などの症状を緩和させる効果が報告されています。認知機能の低下・脳内疲労・慢性疼痛・不眠・自律神経失調症などのお悩みを抱える方には、【通常の鍼灸治療】に【脳活性頭鍼治療】を追加することができます。

 

脳活性頭鍼(YNSA/山元式新頭鍼療法)

YNSA®の技術は世界中で認められています

日本ではあまり知られていませんが、宮崎の医師「山元敏勝」先生が開発された技術で、世界ではすでに数千人の医師が実践する非常に有名な施術方法です。ドイツでは整形外科をはじめとして麻酔科・内科などの多様な診療科の医師が実践し、ブラジルでは山元先生の名前を冠した病院がブラジル政府の国費によって建てられています。

山元式新頭鍼療法で以前の笑顔を取り戻す

YNSA(山元式新頭鍼療法)®施術により生活の質が少しでも改善が見られる可能性があれば、鍼施術を続ける意味は十分にあります。田中家+では、【脳活性頭鍼】を通じて辛い症状で悩む患者さんとそのご家族の方が少しでも笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えます。

障害を受けていない脳の部分を活性化する

YNSA®の施術を行うことで脳に働きかけ徐々に症状の改善がみられていきます。たとえば、『無気力な状態から表情が明るくなり、家族と話をするようになる。』『怒りっぽく興奮しやすい状態から穏やかになる。』『スッと眠れ、途中で眼が覚める回数が少なくなる。』『麻痺で動かない腕が軽くなり、動かしやすくなる。』『着替えがしやすくなる。』『人に手を動かしてもらっても痛みが減る。』等が少しでも楽になることなどです。

脳梗塞・脳出血後遺症・パーキンソン病

YNSA®の鍼施術の大きな特徴は、脳梗塞、脳出血後遺症・パーキンソン病などの様々な症状に対してアプローチできるところにあります。脳の障害を受けた部分や脳内の問題のある組織を変化・改善させることは難しいですが、まだ障害を受けていない脳の部分を働きを高め、その影響で脳内と身体全体の働きがよくなり『生活の質』の改善することは十分に可能であると考えます。

フェムテック(更年期障害etc.女性の様々な悩み)

更年期障害の主な原因は女性ホルモンの急激な減少と言われていますが、そのほかに加齢や性格、家庭や職場などの環境的要因などが複雑に関わって発症します。更年期でみられるほてり、のぼせ、発汗、ホットフラッシュ、肩こり、頭痛、不眠、イライラ、うつ状態、不安感、食欲不振といった様々な症状にも効果があります。

不 眠

不眠には入眠困難(なかなか寝付けない)、途中覚醒(夜中に目が覚めてしまう)、早朝覚醒(明け方に眼が覚めてしまう)の他に、熟眠障害などあります。熟眠障害は寝ているつもりでも実は熟睡できていないと言われています。YNSA®の頭鍼施術では、自律神経の司令塔である脳へアプローチし自律神経の働きを整えることによって【睡眠の質】の改善に効果があります。

脳疲労

最近注目される【脳疲労】では、自律神経を働かせる脳が疲労し、交感神経や副交感神経を上手に働かなくなってしまった状態なんです。『寝ても疲れが取れない。』『休みの日は何もしたくない。』『仕事の効率が落ちた。細かいミスが多い。』などは【脳疲労】のサインかもしれません。YNSA®の頭鍼施術によって自律神経にアプローチして脳の働きを整えていきます。

自律神経の乱れ

自律神経のバランスが乱れている方には、通常の鍼治全身治療コース【自律神経調整治療】と合わせて脳活性頭鍼をプラスするとさらに効果がありオススメ。YNSA®の頭鍼では自律神経の働きを調整する頭皮のポイントに鍼をしていきます。鍼を刺して、そのままの状態で30分程ベッドで休んでいただき、脳内活性を行います。刺鍼後は脳がとてもリラックスしているのが体感できます。

料 金

脳活性頭鍼治療(40分)
4,400円(税込)
鍼灸全身治療 & 脳活性頭鍼治療
6,600円(税込)

脳活性頭鍼治療では、脳内活性を目的に頭皮に鍼をする治療になりますので、「肩こり」「腰痛」などで肩や腰には鍼は行いません。身体の不調も一緒に鍼治療を希望される場合は【鍼灸全身治療 & 脳活性頭鍼治療】でご予約ください。「脳内活性」と「肩・腰・膝の痛み」に対して治療をしたい方におすすめです。

 

ご予約はこちら