11種類の特許取得実績がある乳酸菌

新型コロナにより注目され、問い合わせも多いニチニチ製薬の乳酸菌について詳しく説明します!!

【免疫力を高めるには小腸が重要!!】
ニチニチ製薬の乳酸菌は小腸にしっかり届き、直接身体に働きかけ、免疫機能の向上・コレステロール・血圧を下げる・血糖値降下・腸内環境を整えたり、病気予防や老化予防の効果が期待されています。

『健康に必要な乳酸菌の量は?』
★1日1兆個以上の乳酸菌を摂取することで免疫アップに繋がると考えられています。
1日1兆個の乳酸菌を乳製品で摂るには・・・。

★ニチニチ製薬の乳酸菌『プロテサンR』『チサフェルナ』『プロテサンエブリイⅡ』ならどれでも1包で1兆個以上の乳酸菌が摂れます!!

免疫力UPが期待できる乳酸菌【FK-23】
FK-23の正式名称はエンテロコッカス・フェカリスといい、腸内細菌の中の一種です。一般的にはフェカリス菌と呼ばれ健康に重要な働きをしています。FK-23はニチニチ製薬が研究を重ね、選び出したフェカリス菌を加熱処理し、優れた働きを最大限に引き出した乳酸菌です。

FK-23とLFKで合計11種類の特許取得実績】

【FK-23菌と免疫系】
様々な研究の結果からFK-23菌には、免疫系に対して効果があるということがわかってきました。そこでFK-23菌と、他の種類の乳酸菌とで、免疫系を強くする力を調べてみました。
免疫系を強くする力の指標として、腫瘍壊死因子(TNF)を産生させる能力を選びました。
このTNFの産生量が多いということは、ガン細胞を殺す力が強いということです。
また、FK-23菌の生菌と加熱処理菌体(死菌)で、TNFの産生量を調べたところ、加熱処理菌体(死菌)の方が高い値を示すことがわかりました。

これらの結果が示すことは、乳酸菌は生菌でなければ作用を示さないという従来の常識を大きく覆したということです!
よって、健康な人の腸内由来であるFK-23菌の加熱処理菌体(死菌)を飲用することによって、恒常性維持機能を高め、生活習慣病に代表される各種疾患を改善することが期待されます。

田中 巧

田中 巧

はり灸リンパトリートメントサロン田中家+代表 あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師


ふとんクリーナーはレイコップ
医師として働いていた時“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”そんな思いからレイコップが生まれました。
◆日本の生活習慣、ふとん環境におススメ!
・ダニ、ハウスダストが気になる方
・妊婦や小さいお子様がいて寝具に不安な方
・布団干しが重労働と感じる方
・質の高い睡眠にこだわりを持つ方
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。